【購読者割引あり】決算書から読み解く!ユニクロ、ザラ、ZOZO……新時代に成長するトップ企業の底力

Description

▼次回以降の開催回のお知らせ
<第3回> ※申込締切は6月24日(木)12時
6月25日(金)13:30~15:00
「ユニクロ」(ファーストリテイリング)
世界一への道と課題克服へのチャレンジ

<第4回> ※申込締切は7月8日(木)12時
7月9日(金)13:30~15:00
ZOZO の決算データに見る、
ファッションEC ビジネスの損益と未来
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

企業の特性や課題を知る上で、決算報告内容や財務諸表を読み解くことは欠かせません。今回のセミナーではこれまでの連載からエッセンスを抽出しながら、ユニクロの総額表示に伴う値下げやゾゾコスメなど最新動向への見解も交えて、分かりやすく解説します。


—CONTENTS—

「ユニクロ」「GU」などを擁するファーストリテイリングや、「ザラ」のインディテックス、ファッションECモール大手ZOZOなどの決算報告書から、成功している企業がどのように利益を生み出しているか、強みや課題はどこにあるかを、ファッション専門店の在庫最適化コンサルタントで、グローバルファッションチェーンの動向に詳しい齊藤孝浩氏(ディマンドワークス代表)が解説します。

齊藤氏は「ユニクロ対ZARA」(14年刊。18年に文庫化)や「アパレル・サバイバル」(19年刊;共に日本経済新聞出版)の著者で、決算書の分析から企業動向を読み解く「業界のミカタ」を「WWDジャパン」で2年間に渡って好評連載中。日頃は、ファッションストア向けに在庫コントロールのための組織づくりと人材育成による健全なアパレルビジネスの運営を支援するコンサルタントとして業界の活性化に貢献しています。

企業の特性や課題を知る上で、決算報告内容や財務諸表を読み解くことは欠かせません。今回のセミナーではこれまでの連載からエッセンスを抽出しながら、ユニクロの総額表示に伴う値下げやゾゾコスメなど最新動向への見解も交えて、分かりやすく解説します。

企業は生き物であり、決算書に経営の意思や健康状態が表れるものです。

売上高、粗利高、販売管理費、営業利益などの基本用語は知っているものの、実際に財務諸表の数字をどう捉えたらよいかが分からないという方や、アパレル小売業の特性に即して、具体的な読み解き方を知りたいという方には必見の内容です。

また、ファーストリテイリングやインディテックスのビジネスモデルや動向に興味のある方、これからECを拡大して行くにあたっての課題について知りたい方にも、メディアの報道よりも一歩踏み込んだ解説をお届けします。

役員や経営企画として会社経営に携わっている方で、営業部や商品部など商売の現場から抜擢、昇進されたものの、決算書の見方があまりお得意でなかったと思っていらっしゃる企業幹部の方にも、決算書から業界の企業戦略を読む面白さを感じていただける内容になります。

【日時・受講内容】
<第1回>  ※申込締切は5月27日(木)12時
5月28日(金)13:30~15:00
世界アパレルチェーン売上トップ10企業の最新動向と
インディテックス、ファーストリテイリング、しまむらの3つの収益モデル

H&Mの日本上陸以来、グローバル競争の渦に巻き込まれた日本のファッション流通市場。世界の強豪たちのビジネス構造や顧客購買行動の変化にあわせて自らを変革し続けるグローバル企業の戦略を知らずして生き残ることはできません。初回は、インディテックス(ザラ)とファーストリテイリング(ユニクロ)、しまむらの大手企業に見られる3つのビジネスモデルの儲け方の違いやトップ10企業の動向から未来の事業革新のヒントを探ります。

<第2回> ※申込締切は6月10日(木)12時
6月11日(金)13:30~15:00
インディテックスの最新決算から学ぶ、
アパレルチェーンが向かうべきビジョン

世界一の売上高と利益高を誇るアパレルチェーン企業、「ザラ」を擁するインディテックスは製造業出身のSPA です。その強みは、製造業としてのサプライチェーンではなく、顧客を起点としたディマンドチェーン発想。同じSPA でも一体何が違うのか?決算数字や店頭ウオッチから見える同社の強さとビジョンを徹底的にあぶり出します。

<第3回> ※申込締切は6月24日(木)12時
6月25日(金)13:30~15:00
「ユニクロ」(ファーストリテイリング)
世界一への道と課題克服へのチャレンジ

日本が誇る売上高世界3 位のアパレルチェーン企業、ユニクロを展開するファーストリテイリング。日本で無敵の同社が世界一を目指す上での成長の課題は何か?そして、4 月からの値下げ価格戦略の意図と勝算は?同社に限らず、日本のアパレル企業のシーズン商売のクセや今後のEC 拡大時代の課題について、決算書から読み取ります。

<第4回> ※申込締切は7月8日(木)12時
7月9日(金)13:30~15:00
ZOZO の決算データに見る、
ファッションEC ビジネスの損益と未来

日本最大級のファッションEC モール、ZOZOTOWN を展開するZOZO の決算データから、今後の日本のファッション業界におけるEC 市場を取り巻く環境の変化と課題を抽出します。店舗を展開する専門店はEC モールとどう付き合うべきか?構造の違う専門店ビジネスとEC ビジネスを今後同じ会社で共存させていくカギを探ります。

※内容は予告なく変更する場合がございます。

—登壇者PROFILE—

齊藤 孝浩(さいとう たかひろ)

ディマンドワークス代表/ファッション流通企業の在庫最適化コンサルタント
1965年東京生まれ。総合商社のアパレル部門でOEM生産営業やヨーロッパブランドの日本法人立ち上げを経験した後、98年に政府の留学プログラムで渡米。新興ブランドの輸出代行を手がける。帰国後大手アパレルにてバイヤー、取締役営業本部長、経営企画室長を歴任し、2004年有限会社ディマンドワークス設立。ファッション流通コンサルタントとして、これまでに20社以上の業界注目企業を支援し、うち6事業の年商100億円突破に携わっている。

■著書
「アパレル・サバイバル」(日本経済新聞出版)
「ユニクロ対ZARA」(日経ビジネス文庫)
「人気店はバーゲンに頼らない 勝ち組ファッション企業の新常識」(中公新書ラクレ)


—INFORMATION—

<日時>
5月28日(金)13:30~15:00
6月11日(金)13:30~15:00
6月25日(金)13:30~15:00
7月9日(金)13:30~15:00

※講義時間60分、質疑応答30分となります。

<実施方法>
 オンラインセミナー
※講義終了後、一定期間のアーカイブ視聴をご案内いたします。
※お申込み後、受講日の数日前を目処に個別に視聴用URLをお送りいたします。

<受講料>
【定期購読者】(全受講)44,000円/1名(税込)※定期購読者割引クーポンをご利用時
       (選択受講)13,200円/1名(税込)※定期購読者割引クーポンをご利用時

【非定期購読者】(全受講)66,000円/1名(税込)
        (選択受講)16,500円/1名(税込)

<ご注意>
※購読者割引クーポンはWWD JAPAN.com内、マイページからクーポンコードをご確認ください。定期購読者で会員登録がお済でない方はこちらからご登録ください。
※お申し込み、お支払いはPeatixでのお手続きとなります。

【プライバシーポリシー】

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#1044138 2021-06-17 04:00:24
More updates
May 28 - Jul 9, 2021
[ Fri ] - [ Fri ]
1:30 PM - 3:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
全受講(オンライン) ~ May 28 1:30 PM ¥66,000
【第1回】5/28 選択受講(オンライン) ~ May 28 1:30 PM ¥16,500
【第2回】6/11 選択受講(オンライン) ~ Jun 11 1:30 PM ¥16,500
【第3回】6/25 選択受講(オンライン) ¥16,500
【第4回】7/9 選択受講(オンライン) ¥16,500

On sale until Jul 9, 2021, 1:30:00 PM

Combini / ATM payment will be closed at the end of Jul 8, 2021.

Organizer
WWDジャパン
446 Followers

[PR] Recommended information